マスク対策

顔汗・マスク蒸れ【夏のマスク対策・顔の肌荒れ対策】

新しい生活様式、夏でもマスクが欠かせませんけれど、やっぱりマスクは暑いです!

マスクをしていると暑い・・・ただでさえ暑いのがマスクによって倍増、汗も噴き出て蒸れてしまいますよね。

すると肌荒れも気になります。

もちろん顔汗による化粧崩れ、あとはマスクの内側にメイクが付くのもイヤですね・・・

そうはいっても感染予防、人にうつさないためにもマスクはつける必要があります。

そこで、顔汗・蒸れ、夏のマスク対策、顔の肌荒れ対策についてご紹介したいと思います。

顔汗・蒸れ、夏のマスク対策

マスクを着けることで、顔の温度はかなり高くなります。

マスクの中は湿度100%

いやいや、100%じゃきかないでしょ、と思うくらい湿気がすごいです。

そしてマスクを着用することで、顔の温度がかなり上がります

テレビでも取り上げられることが多いので、ご覧になったことがある方も多いと思うのですが、サーモグラフィーではマスク着用と無しでは、着用の方が顔が真っ赤(熱が高い)です。

首まで赤くなります。

参考:マスクの中は湿度100% 感染予防と熱中症対策をどう両立させる?日テレ特設サイト|日本テレビ
(サーモ画像がありますので参考になります)

マスク着用によってさらに暑いと、顔汗がダラダラ噴き出してきますよね。

ですから、冷やすことがマスク蒸れ・暑さ対策としておすすめの方法になります。

マスクの汗対策、首、ワキ、肘の裏側などを冷やす

暑いから汗が余計に出ます。

マスクの中は湿度100%、さらに汗をかくことで汗の成分も残ってしまい、肌が荒れやすい状況になっています。

顔汗対策にも有効な方法ですが、マスク蒸れ・マスク肌荒れ対策としてもおすすめなのが「冷やす」方法です。

首を冷やすのは顔をクールダウンさせるために、かなり効果が高いです。

冷汗アイテムも色々と販売されていますから、持ち歩きしやすく、手軽に使えるものをお持ちになるのはとてもおすすめです。

顔の汗を減らす、抑える

女性は特に顔汗で困っている方も多いと思うのですが、顔汗を抑える化粧下地などを使う方法もおすすめです。

⇒ 【顔汗対策】TESARAN FACE(テサラン フェイス) ※定期縛りなし

⇒ 顔汗用・制汗クリーム サラフェプラス

⇒ 顔用制汗クリーム サラフィネ

などがあります。

詳しくはこちら↓の記事でご紹介しています。

冷感アイテム おすすめ

体をクールダウンさせるためにおすすめの冷感アイテムをご紹介します。

本当にたくさん冷感アイテムがありますので、持ち歩きしやすいもの、使いやすいもの、肌に刺激の少ないものなどを選ばれると良いと思います。

ネッククール

長時間、ひんやり感が続くネッククールです。

手軽に使えますし、小さいのでバッグにも忍ばせやすいサイズでおすすめ。

顔の汗っかきの方、マスク蒸れで困っている方はぜひ試してみてください。

⇒ Amazon ネッククールはこちら

⇒ 楽天市場 ネッククールはこちら

しろくまのきもち

通勤時にも使えるもの、ということであまり目立たないものを探しました。

水分をゆっくりと気化させることで皮膚の表面温度を下げ、やさしい冷感を保つ冷感アイテムです。

⇒ しろくまのきもち Amazonはこちら

⇒ しろくまのきもち 楽天市場はこちら

ひんやり抗菌マスク

夏のマスク蒸れ、マスク荒れ対策として重要なのは、マスク自体といって良いと思います。

消臭・吸水速乾・99%UVカット。

息苦しくなりにくいよう、口鼻周りに空間を作り息がしやすい立体構造です。

約100回、洗って繰り返し使えるマスクです。

使い捨てマスクは経済的にもお財布に負担ですから、こうした繰り返し使えるマスクもおすすめです。

吸汗速乾素材のマスクを選ぶことは、暑い夏は特に大切かなと思います。

⇒ ひんやり抗菌マスク Amazonはこちら

⇒ 冷感マスク 楽天市場はこちら

熱中症対策にもなる冷感アイテムはたくさんありますので、持ち歩きしやすいもの、出先でも使いやすいもの、といったことでお探しになってみてください。

通気性の良いマスクを着ける

通気性の高いマスクも販売されるようになっています。

マスクの中が蒸れた状態は雑菌が繁殖しやすい状態です。

ニキビを悪化させる原因のひとつとなります。

マスクを着けてから、ニキビが増えてきた・・・いまさら?大人ニキビ?という方も多いと思います。

このニキビはこれはマスク蒸れが原因といって良いと思います。

通気性の良いマスクを選ぶことで、軽減出来る可能性がありそうです。

もちろん、汗をできるだけこまめに拭くことも大切な対策になりますね。

マスク蒸れ・汗、顔の肌荒れ対策

特に肌が弱いということでも無かったのに、マスクをつけ始めて肌荒れ、肌がかぶれた、といった方も多いと思います。

長いと1日何時間マスクをつけているでしょうか。

10時間とかマスクをしていることもあります。

私もマスク荒れしてきています。

元々、肌が弱い方、肌トラブルをお持ちの方は辛い夏をお過ごしだと思います・・・

マスク荒れ、マスクによる皮膚トラブルを軽減するための対策です。

当たり前といえば当たり前なのですが、こまめにこうしたマスク蒸れ、汗の対策をするのが効果的といえそうですね。

汗をこまめに拭く

汗はかいた後蒸発して汗の成分だけが肌に残るということで、それが刺激になってしまいます。

そのため、マスクの中も汗をかいたままにしておくのではなく、できるだけ汗を拭き取ると良いです。

肌への刺激が少ないものを使って汗を拭き取るようにしたいですね。

ティッシュはダメです。

肌がよけいにカサカサになって荒れてしまいます。

タオル、ガーゼなどを汗拭き用に持ち歩くと良いですね。

マスクの中の汗が辛いと感じてきたら、人が周囲にいない場所、少し離れた場所で汗をそっと押さえるように吸い取るようにします。

事務所内でも節電のために温度設定を高めにしている会社も多いと思います。

オフィスワークでもマスク汗対策は必須かなと思います。

洗顔の仕方に注意

夏は皮脂が気になって・・・という女性も多いでしょう。

皮脂は顔の臭いの原因にもなりますし、汗をかいた分、しっかり皮脂を落としたい、という気持ちにもなってきます。

でも、皮脂が気になるからといってゴシゴシ顔を洗いすぎたり、長く洗うといったことはNGです。

洗顔のし過ぎは肌のバリア機能を低下させてしまうため、避ける必要があります。

顔の保湿をしっかり行う

様々な肌トラブルで重要なのは保湿、と言われますがマスク蒸れ、マスク荒れでも重要なのは肌保湿です。

洗顔後はもちろん、シャワーや入浴後もしっかりと保湿をすることで、肌を守りましょう。

男性も顔の保湿をしたことがない、という方も多いかもしれませんが、夏本番、これからもっと暑い日が増えてくるとマスク汗もひどくなって、なんともなかった方もマスク荒れしてくる可能性が高いです。

一度マスク荒れすると、なかなか治らないと思いますのです、予防が大切ですね。
もちろん、どうしても酷くなってきた場合には、自己流で対処せず、皮膚科を受診して薬を貰った方が良いと思います。

-マスク対策
-,

© 2020 顔汗を止めるには